うめ屋


ロイアイメインのテキストサイト 
by netzeth
プロフィールを見る
画像一覧

融愛バレンタイン

「大佐の意中の女性って中央におられたんですね……」
2月14日。比較的平和な東方司令部にて、ケイン・フュリー曹長が言い放った一言に先輩少尉ズは顔を見合わせた。
「は? そんな訳ないだろが」
「お前のメガネは飾りもんか? ちゃんと見えてんのか?」
「メ、メガネは関係ないじゃ無いですか!」
ハボックとブレダに馬鹿にする様に言われて、フュリーは憤慨の声を上げる。それでも両少尉は彼の言葉を端から信じるつもりはないようで、フュリーは更に言い募った。
「だって、僕、見たんですよう!」
「見たって何を?」
「昨日、マスタング大佐が洋菓子店でとても高級そうなチョコレートを購入しているのをっ」
「……それでどうして大佐の女が中央にいる事になるんだよ」
もっともなブレダの指摘にハボックもうんうんと隣で頷いている。ロイがバレンタイン前日にいかにも本命なチョコレートを購入していたと言うならば、贈る相手は一人しかいない。そう、彼らの上司、リザ・ホークアイ中尉だ。フュリー曹長は鈍いので気づいていない様だが、あの二人――ロイとリザはどう見ても好き合っている。実際に二人が恋人関係にあるのかどうかは不明だが、あのプレイボーイで名を馳せているロイがリザにだけは本気であるのは部下の目から見ても一目瞭然である。
「それは、大佐はその高級そうなチョコレートを中央宛で送っていらしたんです。メッセージカードを付けるか? と聞かれて「そうだな…RからCへ愛を込めてと入れてくれ」とお答えになっていたんですよっ?」
興奮した様子で拳を握りしめて、フュリーは訴えてくる。彼の話を聞いて、ハボックとブレダの両名は再び顔を見合わせた。
男性から女性へとチョコレートを送る。これが近年定着したバレンタインデーの習慣である。それは日頃お世話になっている女性に送る義理チョコから、好意を持つ女性へと送る本命チョコまで、多種多様な意味合いのチョコレートが存在する。
「……義理チョコじゃねーの?」
「違うと思います。すっごく豪華なチョコレートだったんですよ。もう、真っ赤で金の縁取りをした派手派手なリボンがいっぱい付いてました!」
「ヒューズ中佐のとこの奥さんとか娘さん宛てとかは?」
「それなら、名前が違うじゃないですか。グレイシアさんならGだしエリシアちゃんならEでしょう? それに、愛を込めてなんてメッセージ付けたら大佐、ヒューズ中佐に殺されると思います」
「それもそうだな……」
フュリーから聞かされる話に、話半分で聞いていたハボックとブレダもだんだんと真剣な顔になってくる。
「だけどな……まさか…なあ……?」
「そうだよな……まさか、だよなあ?」
あの二人の関係に気づいていないらしいフュリーは放っておいて、微妙な顔でアイコンタクトを取りながら、両少尉は会話する。
(大佐が中尉意外の女に本気になると思うか?)
(いや、あれだけ普段、中尉に近寄る男を牽制しておいて、それはねえだろ……俺だって、ちょっと中尉を飲みに誘っただけで焦がされそうになったぜ)
(本当かそれ。お前勇気あるな……それにしても、フュリーの話も気になる所ではあるな)
(だよな。もしかして、本当に大佐、セントラルに本気の女が居たりしてな)
「ちょっと、二人とも! 僕を無視して目と目で会話しないで下さい! とにかく! 僕は確信したんですよ! 大佐は中央に大切な女性がいらっしゃるんですよ!!」
「おいっ、フュリーっ、声が大き……」
またしても興奮したのか珍しく声を張り上げたフュリーを止めようとした所で、三人の後方からガタンっと音がした。一斉に三人で振り返ると、そこには麗しの中尉殿が椅子を倒して机から立ち上がった所だった。
「……ごめんなさい、うるさくしてしまって。話しを続けてちょうだい」
「ちゅ、ちゅーい……いらしたんですか……」
ごくりと喉をならして、ブレダが確認するとリザは無表情に頷く。
「ええ。さっきからここに座っていたけれど」
その顔からは何の感情も読みとれない。
「私はもう行くから、お話を続けて。休息時間ですもの、ゆっくりするといいわ」
淡々と述べてリザは椅子を直して手にファイルを抱えると、仕事部屋を出て行く様子である。その背にかける言葉もなく、ハボックとブレダは見送るしかない。するとただ一人この部屋の重い空気に気づいていないフュリーが動いた。
「あっ、中尉。これ、僕からのお世話になってますチョコですー!」
懐からチョコレートの赤い箱を取り出して、止める間もなく彼はリザに近寄ると、その箱を彼女に渡してしまった。その行動力にある意味感心したのは両少尉ズである。この空気でそれを行える心臓はある意味すごい。
「あら、ありがとう。フュリー曹長。とっても美味しそうなチョコレートね」
「あ、分かります? それ、シャロンで買ってきたんです。女性に人気のあるお店だって聞いて。昨日買いに行ったんですけど…さすがにバレンタイン前日で、男性客でごった返してましたよー。あっ、それから大佐もいた……」
「わーーっ! わーっ!」
「中尉! さっき総務課から中尉に電話がありましたよ! すぐにっ、すぐに来て欲しいって言ってました!」
「そう? じゃあ、ちょっと行って来るわね」
危うい所でフュリーがまた口を滑らしそうになるのを、必死に誤魔化す。そうして、リザを部屋から追い出すよう送り出すと。
「……なあ、さっきの話。中尉に聞こえてたと思うか?」
「……分かんねえ……」
げっそりと疲れた顔をしてハボックとブレダは呟いたのだった。



最近購入したオイルストーブの前で、子犬がこっくりこっくりと船を漕いでいる。しばらく起きていようと頑張っていた彼だが、遂に眠気に降伏したらしい。こてんっと倒れるように暖かなストーブの前で眠ってしまった。
その愛らしい姿を微笑んで見つめていたリザは、ストーブの上でしゅんしゅんと音を立てていたケトルを持ち上げる。こんな寒い夜は熱い紅茶を淹れて暖まるに限る。
用意しておいたティーポットへとお湯を注いで、時間を正確に計るための砂時計をひっくり返した。そして、時計の砂がさらさらと時を刻み始めた矢先の事である。
トントントンと部屋の扉がノックされた。
来る予感はしていたので、特に驚く事もなくリザは玄関へと赴く。施錠を解除してから扉を開けると、
「やあ、こんばんは」
思った通りの顔がそこにはあった。
「いらっしゃいませ、お寒いですから、どうぞ中へ」
「うん」
頷いた男――ロイは持っていた傘を立てかけると、部屋の中へと入ってくる。黒いコートの肩には少しだけ雪が積もっていて、外がずいぶんと冷えていたのがよく分かった。リザはロイからコートを受け取ると、彼を暖かい部屋内へと誘った。
「やあ、参ったよ。夕方辺りから急に降って来るんだもんな。おまけに風も強くて、傘が全然役立たずだ」
「でしたら、こんな日に出歩かれなければよろしいのに。悪天候の日に護衛もなく外を歩かれるのは感心しませんよ」
「そうは言うけどね。今日、君んちに来なかったらいつこれを君に渡せばいいんだい?」
そう肩を竦めて言ったロイは、持っていた紙袋から箱と小さな花束を取り出した。
「ハッピーバレンタインデー、リザ。これを君に。私から愛を込めて」
少し照れたように笑いながら、ロイはリザに手にしたものを渡してくる。男の手の中にある白い包み紙と赤いリボンの箱と、真っ赤なバラの花束。それをじっとしばらくの間見つめていたリザだったが、やがておもむろにそれを受け取った。
「……ありがとうございます。大佐」
はにかんだ笑みを浮かべて、礼を言うリザの顔をロイはじっと見つめている。
「あの…何か?」
何か言いたいことでもあるのか、とリザは訝しげに小首を傾げた。
「うん?……いや、何か言いたい事があるのは君の方じゃないのか?」
そう告げて、ロイは口の端を吊り上げて見せた。まるで、知っているんだぞ、と言わんばかりのその態度にリザの顔が少しだけ複雑そうに歪む。その様子はロイの言葉を肯定していた。
しかし。
「……私が?……何をです?」
あくまでもリザがトボケる様子なので、ロイはとうとう確信を付いた。
「そうだな。例えば、昼間フュリーが言っていた事について、とか」
彼に言われてしまって、リザは仕方なそうにため息を一つつく。
「……貴方も聞いていらしたんですね」
「ああ。たまたま扉の外でね」
あっさりと種明かしをしてから、ロイはじっとリザを見つめてきた。
「君はあの話、気にならないのか?」
「気にして欲しいのですか?」
挑戦的にロイの瞳を見つめ返して、リザが静かに尋ねてくる。それにロイは大きく頷いた。
「……欲しいね」
当然だろう、という不遜な態度にリザが眉をしかめる。
「……貴方が数多くの女性と親しいのは今更な事じゃないですか。……そんな事、いちいち気にしていられません」
それなのに。こうやって意地の悪い男はことあるごとにリザの本音を探ろうとする。彼女の心の内の全てを、晒け出し明るみにしてしまおうとする。隠しておきたい真実を見抜いてしまおうとする。
「――本当に?」
ほら、こうやって。
リザはますます眉間にしわを寄せる。本気でロイに問いつめられたならば、リザは彼に嘘を吐き通す事など出来はしない。もともと、嘘を吐くのが苦手な性分だ。それが、心から慕い愛する男相手ならばなおさらに。
「……私の本音を聞いてどうするおつもりですか」
「そりゃあ、もちろん。愛されてるなあ、と悦に浸るんだよ」
「……悪趣味」
ぼそりと悪態をついても、男は涼しい顔をしている。ならば、その余裕ににやけた顔を慌てさせてやろうではないか。とリザは心に暗い炎を燃やした。自分は皆が思うような清廉でお綺麗な人間ではないのだ。
「それでは教えてさしあげましょうか? 大佐。昼間の話を聞いて私が何を思ったのかを。私は。……貴方が本気で愛する女性がいらっしゃると聞いて、どうやって身を引こうか考えていた所です。私のような者が貴方の恋路を邪魔してるのかと思うと申し訳なくなりましたーー」
「リザ!!」
驚きに目を見開いたロイが、焦った声でリザを呼んだ。ストーブの前で眠っていたハヤテ号がびっくりして目を覚ますほどの大声だ。それには応えず、リザは言葉を続ける。
「……と、これは私がつい先ほどまで考えていた事です」
「つまり…今は違うと?」
焦りからか、掠れ気味な声で問うロイにリザはにっこりと笑って頷いた。
「ええ。……貴方からチョコレートと花束を頂いて、私は思いました。ああ、やっぱり貴方を諦めることなんか出来ない。他の誰かに渡すなんて出来ない。そんな事、考えられない。絶対に譲らない。……だから、どうしたら、相手の女性から貴方を引き離す事が出来るのか……今は、そう考えています。そう、どんな手を使っても」
言葉を無くして立ち尽くしているロイに、リザはゆっくりと近づいてその首に腕を回した。
「貴方は私のものだから、誰にも渡さない。……これが、昼間の話を聞いて考えた私の本音です」
それは、ずいぶんと重くて暗い愛だ。普通の男性ならば困惑し、こんな女敬遠するかもしれない。しかし、リザはロイに引かれようともかまわなかった。これが、偽りのないリザの本音だったから。すると、手をかけているロイの肩が震え出すのが分かった。それは徐々に大きく揺れ出す。
「……大佐?」
「くくくっ……ははははは…、君……は、君には……叶わないな」
笑いの衝動が抑えられないのか、大きく肩を震わせロイが笑い続ける。これには今度はリザが困惑する番だった。
「……何が可笑しいのですか? 引かれないので? こんな重い女」
「ああ、可笑しいとも。……まさかそんな話を聞いたとして私が君を遠ざけると思うかね? 逆効果だよ。やっぱり私は愛されてるなあと悦に浸るだけだ」
まだくくくと喉を鳴らしながら、ロイは言う。
「誰にも渡さない。そんな事、私は24時間考えてるさ、何を今更だ」
ロイは間近にあるリザの瞳をのぞき込んでくる。そこには、困惑した顔の女が映り込んでいた。
「君の愛情がとても深くトロけるように熱いものだ、と私は感動しているよ」
だから、教えよう。と彼は声を潜めて内緒話をするようにリザの耳へと唇を寄せてきた。そして、囁く。
「……私が昨日チョコレートを送った相手のイニシャルはC・Mだ。さあ、思いつく事はないかね?」
「C……M? まさか……」
「そう、マダム、だよ」
悪戯が成功した子供のような顔でロイは笑った。
「たまには親孝行しなって言うからさ、特別豪華なチョコレートを送っておいたんだ。……納得した?」
――それならばそうと、もっと早く言ってくれれば良かったのに。
絶対にロイはリザがフュリーの話を聞いたのを知って、自分の反応を見てみたかったから、誤解を解かずにいたに違いない。とリザは確信した。
(本当に悪趣味な男!)
けれど。
その悪趣味な男を誰にも渡したくないほどに愛してしまっているのも確かだ。ならば、恨むのはそんな男に惚れてしまった自分という事になる。
何だか全てがバカバカしくなって、リザは肩の力を抜いた。結局、ロイの前では自分の意地も見栄もプライドも全ては何も意味を持たない。彼には結局、全てお見通しなのだ。
ならば、もう降参して素直に彼に甘えて、彼を愛すればいい。今日はそれが許される日なのだから。
「……今度からは私にも一声おかけ下さい。……私もマダムにチョコレートを贈りたいですから」
「お? 早速お姑にお世話になってますチョコ? ははは、気が早いなあ~リザは」
「……知りません」
それでもやっぱり、トロけたチョコレートのように幸せそうに笑うロイの顔が憎らしくて。リザは腹いせにその唇へと噛みついてやったのだった。



END
******************************

男性→女性へのチョコレートで。
[PR]
by netzeth | 2014-02-14 18:31 | Comments(0)