うめ屋


ロイアイメインのテキストサイト 
by netzeth
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

My favorite

部下達との飲み会はだいたい月に1度のペースで行われる恒例行事だ。日頃の疲れを癒し、無礼講で部下上司のコミュニケーションをはかる――今夜も皆で騒ぎ、楽しいひと時を過ごしたはずだった――のに。
……今現在私は何故こんな事になってるんだ?


事の起こりはめったに酔わないホークアイ中尉が珍しく酔っ払った事だった。いつもは自制心の強い彼女の事、我を無くすまで飲むなんて事はしない。まあ、たまに酔って「大佐、お座り下さい。そこに座りなさい」と説教をされた事もあるが。(彼女は酔うと私に説教をするのだ。これも日頃の行い故か……むむむ)
ともかく今夜の酔い様はその説教中尉を軽く超えて、彼女は既に自分の足で自宅に帰る事もおぼつかない状態だった。
一体何故こんなになるまで飲んだんだ……。
理由が気になったが深く突っ込むのは止めておいた。中尉に関しては私がらみの事が多いからな。また、説教されてはかなわん。
私は中尉を家まで送る事になった。
部下達に送りオオカミにならないで下さいね~などと見送られながら(なるか!)中尉に肩を貸しながら歩くが、既にくてんくてんの中尉はまともに歩く事などできず、私は仕方なく彼女をおぶった。
「大佐ー大佐の背中はー暖かいですねー」
などと呑気なセリフを(いつもだったら絶対に言わないな)中尉は言いながらも、私達は何とか中尉の自宅までたどり着いたのだ。
背中から中尉を降ろして、体を支えながら、私は中尉に頼む。
「ほら、中尉。鍵を開けてくれ」
「はいー?」
目がとろんとして、中尉は半分夢の中だ。
このままでは埒が明かない、と私は勝手に中尉のバックから鍵を探した。
家に入り、とにかくこの酔っ払いを寝かせようとベッドを探す。中尉の部屋はシンプルで余計な物は一切置いていなかった。まるで部屋主の性格が反映されているようだ。これまたシンプルなベッドをようやく見つけて、私が肩を貸していた彼女を寝かせようとした時、急に中尉はパチリとはっきり目を開けた。
「中尉。家についたぞ」
話しかけるが反応はない。ただ黙ってじーっと私を見つめている。
「中尉?」
不意に彼女の腕が動き、私の頭に彼女の手が乗せられた。そして――。
「ハヤテ号~起きて待っててくれたのねー良い子ね~」
彼女の手が私の頭を撫でる。これは……もしかしてナデナデか? なに? ハヤテ号?
突然の事で理解力が追いつかない私に構わず中尉はナデナデを続けている。
「ん~良い子、良い子」
「よく見ろ! 中尉っ。私は人間だ! そもそもハヤテ号は喋らないだろうがっ」
私はようやく事態が飲み込めた。まさか、いくら酔っているからとはいえよりによって私をハヤテ号(犬!)と間違えるとは。そもそも! 奴との共通点なんて毛の色くらいだ! 私は中尉のナデナデを止めさせるべく、彼女の手を掴んだ。
「ハヤテは~賢い子だから~喋れるようになったのね~」
そんな訳あるか! 心の中で全力で反論するが中尉は相変わらずナデナデを止めてはくれない。
「どうしたの~ハヤテ号?」
どうしたの? は君の方だ! だいたいハヤテ号は今夜は遅くなるから夜勤で飲み会に参加出来なかったフュリーに預けたんだろう!
「怒らないで~ハヤテ号~ほら、チュ」
そう言って、あろう事か中尉は私の鼻先にキスをした。
「んな!」
私は手で鼻を覆う。
「な、何をするんだ君は!」
中尉の思わぬ行動に頬に熱が昇る。きっと今の私の顔はトマトの様に真っ赤に違いない。
そして、私の手が離れたスキをついて。中尉はガバっと私の頭をその豊かな胸元に抱えこんだ。
「ち、ちぃゅういー!?」
「ん~~ハヤテ号。可愛い! いい子いい子」
そのまま彼女は私の髪に顔を埋めて、ワシャワシャと頬擦りをする。
たまらないのは私だ。中尉の温もりと、いい匂いと、胸の柔らかさと、若干の酒臭さとが絶妙に交ざって私の五感を襲う。
や、止めてくれ! 送りオオカミになどならんと言ったがこれはキツい。私は必死に理性を保つ。落ち着け。私は紳士だ。だがこの状況で不埒な事を考えまいとするたびに、ムニと頬に柔らかい物が当たるのだ。ある意味拷問である。
「は、離したまえ!」
何とか体を離そうと力を入れると、
「あらら……」
ふらりと中尉がよろけて、ベッドに倒れこんだ。必然的に胸に頭を抱え込まれている私も一緒にだ。
ベッドの上に二人で寝転んだ格好になった私達だが、中尉はますます私の頭を強く抱き締めて、
「ハヤテ号……おやすみなさい」
そのまま、クークーと寝息を立てて眠ってしまった。
……ようやく大人しくなったか……だがこの状況はいかんともし難い。相変わらず私の頬にはむにむにとした感触が……ああっいかん考えるな!
がっしりとホールドされてはいるが、中尉も女性だ。男の私の力で、抜け出せない事はないだろう。だが、せっかく寝てくれた彼女がまた起きてしまいそうだ。
そうなるとまた面倒だし、一体どうしたものか。
……しかし、ハヤテ号はいつもこんな事――鼻ちゅうや抱き締められて一緒に寝たりしているんだろうか。思わず犬に嫉妬しそうになる。
だいたいハヤテ号だと思われて抱き締められているのも甚だ不本意だ。男としてかなり情けない。はあ…っと思わずため息つくと、もぞもぞと中尉が動く。
まずい、起こしたか?
「ん~大佐……仕事して下さい……」
……どうやら夢の中ではちゃんと私が登場しているらしい。……夢の内容はともかく。
現金なもので、少しだけ心が浮上した私は小さく笑う。
まったく……明日の朝目を覚ましたら覚悟しておけよ。


そしてまた、私は懲りずにこのたおやかな腕の甘美な束縛からの脱出を試みるのだった。





END
**************************
[PR]
by netzeth | 2010-02-26 22:32 | Comments(0)

目次2

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

長文
 
 
ペコーdeパラレル☆
 
 パラレル設定。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

企画
 

2010年 ロイアイの日企画SSS 
 colorお題7つ。

最終回部屋
最終回後の小話や呟きなど

一周年記念SS 記念日

2010 クリスマスSS プレゼント 

年越しSSS 新たな年の始まりを

画集3ネタバレ超SSS 結婚しないその理由

2011年 ロイアイの日企画長文 わがまま幽霊

二周年記念SS Birthday

2011 クリスマスSS イブは私と

2011 大晦日SS DRAGON

2012 ロイアイの日企画長文 ジューンブライド・ラプソディ 
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)完

ペーパーSS集 2011スパーク~2012夏コミ

2012 クリスマスSS 約束はいらない

2013 ロイアイの日企画長文 おとなりさん
(1)(2)(3)(4)(5)完

2014新年SS

ペーパーSS集2 2012スパーク~2013春コミ

ペーパーSS集3 2013スパコミ~2013スパーク

2014 ロイアイの日企画長文 二人旅 こちら

五周年記念SS ただいまとおかえりなさい

ペーパーSS集4 2013冬コミ~2014スパコミ

2015 ロイアイの日記念SS 麦をまく

ペーパーSS集5 2014年スパーク~2015年オンリー1

2016 ロイアイの日記念SS 休日の過ごし方


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

拍手お礼ログ

23456789101112131415161718
19202122232425262728293031323334
353637

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




[PR]
by netzeth | 2010-02-22 22:25 | 小説2

バレンタイン・キス

「ロイ・マスタングの大馬鹿野郎!」
リボンを取り、ビリビリと綺麗に包装された紙を破り、箱を開けると、中にはチョコレート。その幾つかを掴み口の中に放り込む。咀嚼すると口の中に広がるのは、食べる者の好みに合わせた少しほろ苦い甘さ……。
本当にバカみたいだ。その甘さを噛み締めてリザはもぬけの殻の椅子を見つめた。口車に乗せられて、馬鹿正直に作ってきて、結果はこれ。
ツキンと胸の奥が痛んだ。怒り以上に込み上げてきた別の感情を振り払う様にリザは目を瞑った。


今日は二月十四日。バレンタインデーと呼ばれる日だ。女性が好意を寄せる男性にチョコレートを贈る日――である。しかし、昔からアメストリスにあった行事ではない。ごく最近に流行し出した新しい行事だ。何年か前にセントラルの菓子屋が始めたらしいが、今ではすっかりここイーストシティでも定着した。毎年この日になるとロイ・マスタング大佐などは街の女性やら、軍部の女性やらから大量のチョコを貰っている。
事の始まりはそのロイ・マスタング大佐がリザに手作りチョコを強請った事である。
「大佐は毎年たくさんのご婦人方から、チョコレートを頂いているじゃありませんか。今さら何を言うんです」
「分かってないな。私は君のチョコが欲しいんだ」
「それだって、毎年渡しているでしょう」
「確かに。だが、私は君の手作りチョコが食べたいんだ。君の愛情がたっぷり詰まった……ね」
「!……何を……」
「なあ……好きな女性の手作りチョコを食べたいと思うのはそんなにわがままか?」
真剣な口調に熱い瞳で見つめられて。そんな事言われたらもう、作るしかないではないか。
こうして、ロイに手作りチョコを作る事を約束したリザだが、これが思ったより大変だった。
バレンタイン前に休みなどないため、リザは毎日夜、退勤後にチョコレートを作っていた。ぶっつけ本番で作って失敗しないための練習である。
何度か試作して納得するものを作り上げるまでが一苦労だった。『手作りで彼のハートをがっちりキャッチ☆』という帯のついた本まで買ってしまったほどだ。せっかくロイに贈るのだから美味しいと喜んで貰いたい――そんな思いもあったのだろう。結局なんだかんだ言ってもリザはロイには甘いのである。
そうして、リザはバレンタイン当日に手作りチョコレートを司令部に持参した。すぐにロイに渡しても良かったが、あいにく朝から忙しく、ズルズルと渡しそびれて夕刻。ようやく仕事が落ち着いた頃合を見計らって、リザはロイにチョコレートを渡そうと彼を探したが、彼は見つからない。まさかもう、帰ってしまったのか? 自分との約束を忘れて? 不安を抱きながらロイを探していると、ハボックに会った。後ろから彼に声をかける。
「大佐を知らない?」
「大佐ならデートッス。バレンタインッスからね~。良いよなあ~モテる男は……って中尉!?」
話しかけられたのがリザだと気付き、ハボックは慌てるが、既に時遅し。
リザは無言で歩き去った後だった。


ビリビリに包装紙を破いて、ロイのために作ったチョコを自ら食べながら、リザは思い付く限りの悪口を並べたてていた。
「馬鹿、無能、女たらし……無能~~!」
結局、ロイにとってリザのチョコレートなどそんな程度の物だったのか……デートの方が大事なのか……。
考えれば考えるほど空しくなって、リザは自らの手作りチョコを見る。最後の一つを手に取って。
「バカ……」
口に入れた瞬間。
「誰がバカなんだ?」
突然聞こえた声に、驚いて振り返ると悪口を言われていた張本人が立っていた。
「大佐……」
「遅くなって、すまない。君が帰ってしまったらどうしようかと思っていたんだが」
「……デートはどうしたんです?」
「デート?」
「ハボック少尉が……」
「あいつめ……。君に内緒にしたかったから、デートだと言って出たんだが」
デートと言っておけば君には言わないと踏んだんだ。もちろん本当にデートに行った訳ではないぞ! と主張するロイにリザは問う。
「じゃあ、どこに行かれてたんです?」
「あ、ああ……これを」
そう言ってロイが差し出したのは小さな小箱。白い包装紙に深いグリーンに金の縁取りのついたリボンがかかっていた。促されるままに、箱を開けて見ると。
「綺麗……」
中には薄紫に輝くアメジストのピアスが一組入っていた。
「これを私に?」
「ああ、君が手作りチョコをくれるというのに、貰うばかりじゃ申し訳ないだろう。等価交換だ。……これを取りに行っていたんだ」
急いで用意したからギリギリになってしまった。本当に遅くなってすまない。
そう、謝るロイにリザは俯いて首を振る。
「いいえ、とっても嬉しいです……ありがとうございます、大佐……でも……」
「でも?」
「私……その……ごめんなさい! 大佐のチョコを全部食べてしまいました!」
「え?」
「私……てっきり……大佐がデートに行かれたものと……それで……」
「……無いのか? チョコ?」
「……はい」
「それは……ヒドいな」
あからさまにがっかりするロイに、リザは申し訳なさでいたたまれなくなった。ロイは自分にプレゼントまで用意してくれたというのに……。
「一つも残ってないのか?」
「はい……たった今最後の一つを……食べてしまって……」
「……なら、間に合うかな」
「え?」
言うやいなや、グイッと腕を引かれた。
「……っんう」
唇が重ねられる。反射的に身を引こうとすると、させまいとロイの腕が腰に絡み付いた。
「んん……!」
更に口腔内に舌が侵入してきて、好き勝手に動き回る。
肩を叩いて抵抗するが、ロイはびくともしない。やがてその手が力を失いロイの背に回された頃、ようやく満足したのかロイが体を離した。リザの身体からはすっかり力は抜け、くったりとロイに身を預けてしまう。
「ごちそうさま……甘いな、チョコ」
ぺろりと舌で自分の唇を舐めて、ロイは呟く。
「何をなさるんです!」
一方、真っ赤になったリザはロイを睨みつけた。
「何って……等価交換だろう?」
まあ、君の唇の代価にピアスでは足りないかもしれないな。そんな事を言ってニヤリと笑う。
「もう! 知りません!」
なおもクスクス笑い続けるロイに、もう二度と手作りチョコなんて作ってやるものかと思うリザだった。


END

************************
[PR]
by netzeth | 2010-02-12 21:43 | Comments(0)

ガソガソ感想 3月号

ガソガソ3月号感想です。
ネタバレあり。本誌未読の方、コミックス派の方はご注意を!

大丈夫~という方は下のネタバレからどうぞ。

ネタバレ
[PR]
by netzeth | 2010-02-11 23:11 | ガンガン感想 | Comments(0)

チェックメイト

ありとあらゆる戦略・戦術を駆使して私は今夜のゲームに挑む。
狙うはただ一つ、愛しい私のクイーン。


その日、朝からサボらずに私は真面目に仕事をしていた。何故って? 優位に物事を運ぶためには土壌を整えなくてはな。だが、これだけでは心許無い。私を邪魔する要素などいくらでもある。それらを一つ一つ取り除いていく。
まずは戦略を駆使し、戦いを優位に進めるための環境作り、だ。そう、これは勝負だ。勝利のために私はあらゆる手段を尽くそう。


「ファルマン!」
「何でしょうか」
「倉庫の書類整理をしてこい」
「……何故突然……」
「い・け」
「……分かりました」

「ブレダ!」
「へーい」
「ビリー・ジャックマン事件の報告書。お前が書け」
「いや、あの担当は……」
「いいから、お前が書け」
「……イエス・サー」

「ハボック!」
「はいっス」
「射撃場に行って何か壊してこい」
「へ?」
「何でも良い。何か適当に壊して今日一日使用不能にしてこい」
「はあ~? 何無茶苦茶言ってんですか」
「これは上官命令だ! 加減を間違えるなよ。今日一日でいいからな」
「……アイ・サー」

「フュリー!」
「はい」
「お前最近ハヤテ号をかまってないな」
「そう何ですよ~僕もハヤテ号とスキンシップ取りたいな~って思ってるんですけど」
「ちょうど良い。今日中尉に借りたらどうだ? 連れてきてるぞ」
「そうですね。頼んでみます」


駒達は配した。そして、次に私は行きつけのレストランへと電話する。
「もしもし? マスタングだが。……ああメインは魚で。ワインは白を」
彼女の好みなど熟知している。事前のリサーチは完璧だ。
さあ、万難は排した。さて、後は私の華麗なる戦術で攻めるだけ!


「中尉」
「はい、何でしょうか大佐」
「あー、その、だな」
「はい」
「……今夜食事に行かないか」
「……大佐。お仕事は終わられたのですか」
「もちろん」
「では、私は報告書の作成が……」
「それならブレダがやっていた」
「なら早く仕事が片付いたこの機会に書類整理を……」
「ファルマンが昼間に終わらせた」
「……では、私は射撃場に……」
「今日は器物破損で使用不能だそうだ」
「……ハヤテ号がいますので……」
「フュリーに預けるんじゃないのか?」
「…………大佐。謀りましたね?」
「さて、何の事かな……」
そんなに可愛い顔で睨んだってダメだ。
チェックメイト。
君はもう、私の術中なのだから。さあ、どうする? 私の愛しいクイーン。
「……仕方ありませんね。お付き合いいたします」
「そうか、……ちなみに今日のメインは君の好きな魚だよ。もちろんとっておきの白を用意してある」
片目を瞑ると、諦めたように彼女は微笑みを浮かべたのだった。

かくして、私は勝利を手にした。さあ、彼女とともに勝利の美酒を味わおうではないか!


……本当は、あなたが誘ってくれたなら、私はいつだってとても嬉しいけれど。そんな事素直に言ったら、今度からあなたは仕事をしてくれなくなるでしょう? だから、私はあなたの誘いを渋るのです。


さて、真の勝者は誰?



END

*************************
[PR]
by netzeth | 2010-02-07 20:04 | Comments(0)