うめ屋


ロイアイメインのテキストサイト 
by netzeth
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

季節外れの。

ようやく春らしく暖かくなってきましたね、だのに季節外れの風邪を引いてるうめこですこんばんは~。

喉の痛みは引いたけれど、今度は鼻水が。季節柄、周囲からは花粉症だと思われてる様です。

今日は計画停電中止という事でホッと一息です。電車の心配をしなくて済むのはありがたい。職場の人が好意で送って下さったりするんですが、こう毎度毎度では流石に申し訳ないので。

うめこの地元は観光で成っている街なのですが、計画停電やら震災の影響でお客さんが全然こないそうです。
レジャー関連はこういう時、1番に皆さん自粛しますからね。仕方ないのでしょうが、観光業に携わっている方も自分の生活があります。それを考えると難しい問題ですよ・・・。日本の経済を考えると皆どんどん出かけた方が良いのかも。

計画停電、夏もやるそうですしね。夏場はやっぱりクーラーを控えるべきですかね。うめこはクーラー嫌いなのでむしろありがたいですが・・・ご老人や赤ちゃんが熱中症になっても困りますしね。不謹慎ですが、夏コミはあるのかしら・・・と思ってしまう今日この頃。

さて、土日は引き籠もって原稿やってたうめこです。そのかいあって何とか2冊目の原稿が完成しました。
まだワードに流してないんですが、おそらく32ページくらいの予定です。

エイプリルフール話を考えたは良いけど、気がついたら四月一日ってすぐですね。多分間に合わないな・・・間に合わなかったら来年にするかな(笑)
[PR]
by netzeth | 2011-03-29 20:50 | 日記 | Comments(0)

同人活動情報。


うめ屋
鋼ノ錬金術師『ロイアイ』で活動中のうめこ個人の小説サークルです。東京のイベントを中心に活動しております。

自家通販  こちらから

新刊書店委託中  とらのあな 様

*******************************************************************


【参加予定イベント】

◆2017年5月3日 スパコミ

◆2017年7月2日 鋼オンリー2

◆2017年8月12日 夏コミ 当落次第

*******************************************************************

【夏コミ新刊】


「貧乏リザちゃん物語No.46 (ロイ×アイ)
オンデマンド/A5/P52/全年齢
2016年8月12日発行

a0146279_00592655.jpg
サイトに掲載しているSSに書下ろしを足したWEB再録本です。貧乏でも逞しく生きる仔リザちゃんとそんな仔リザちゃんに振り回されつつ優しく見守る若マスタングさんと時々愉快なホークアイパパ…なお話です。

※仔リザちゃんの年齢設定はだいぶ幼めです。
※恋人大人ロイアイも登場します。
※リザさんは基本貧乏性という設定です。
※クリスマスとか普通にあります。

SAMPLE



「RandR Toy Box 2012年再録本-BNo.45 (ロイ×アイ)
オンデマンド/A5/P292/R‐18
2016年8月12日発行


a0146279_00355607.jpg

◆2012年に発行した本の再録本です。※既刊の内容的な加筆はありませんが誤字脱字の訂正および文章の手直し等を行っております。

◆書下ろしは執務室でリザに欲情し襲いかかるロイの話『ずるい男ずるい女』です。

◆収録作品

『君と暮らせば』
ある夜。自宅で寛いでいたロイのもとに訪れたのは大荷物を抱えた己の副官ホークアイ少尉であった。「今日から私、ここに住みます!」リザを拒否しきれず結局同居するはめになってしまうロイ。彼を待ち受けていたのはドッキリハプニング☆に満ちた日々であった……。天然無自覚なリザにロイが振り回されたり悶々としたりするラブコメです。最後はラブラブハッピーエンドです

『真夏の夜の攻防戦』
サイト掲載のSS『真夏の攻防戦』にR18部分を追加したお話。

『Cherry』
「――バカな。この師匠の娘さんがこんなに可愛い訳がない!!」ホークアイ家を舞台にロイとリザの出会いから秘伝伝授と初エッチまでを描いた過去話本。仔ロイアイの青春ドキドキほのぼのストーリーwith時々パパン+シリアス切ない系+18禁です。捏造設定などございますのでご注意下さいませ

『Midnaight Rose』
R18短編集(シリアス・コメディ・ダークなどの5つのお話)

【ブラックベルベット】
パーティーにロイのパートナーとして参加するリザ。彼の悪戯に翻弄されて?少し事件要素あり。

【ホワイトアウト】
雪にまつわるお話。仔ロイアイ、 イシュヴァール、 中尉大佐、 未来。

【ブルーダークネス】
執務室エッチ。黒攻めマスタングで切なく痛め?です。ご注意。

【ピンクアタッカー】
なかなか手を出してくれないロイを何とかしようと、リザが奮闘するラブコメディ。乙女リザ注意。

【無色透明な夢の果て】
もしもの可能性のお話。夢オチ要素があるのでご注意下さい

『ずるい男ずるい女』
執務室でリザに欲情して襲いかかるロイの話。ロイはやりたい放題で結構黒いです。


SAMPIE

*******************************************************************


【既刊案内】

「RandR Jewel Box 2012年再録本-ANo.44 (ロイ×アイ)
オンデマンド/A5/P312/R‐18
2016年7月3日発行


a0146279_02225323.jpg

◆2012年に発行した本の再録本です。※既刊の内容的な加筆はありませんが誤字脱字の訂正および文章の手直し等を行っております。

◆書下ろしは収録作のアフターストーリー『光を手にして』とリザとロイの甘めのお話『不器用男のマーキング』です。

◆収録作品

『恋罪抄』
R18短編集(シリアスコメディなどの5つのお話)

・初めて………………………… ロイと初めてを迎えることになったリザのお話
・君はエリザベス………… リザがマダムの元でエリザベス修行をするお話
・Fever!!……………………… 風邪を引いて弱っているロイを襲うリザのお話
・噂のマスタング夫妻……ロイとリザが観光するお話
・間違い探し…………………… 他の男とデートを繰り返すリザの真意は…?シリアスなお話

『An affair』
誤解の果てにハボックと浮気しようとするリザの話。※ハボアイおよびロイアイハボではございません。コメディ調。

『Bitter Bitter Sweet』
バレンタイン&ホワイトデーの甘めのお話。

『Dream of Butterfly』
夢の中に迷いループするリザのシリアスめのお話。

『光の道』
裁判にかけられることになったロイ。彼とリザの未来は……?
未来捏造話。シリアス。

『光あふるる都にて』
光の道のアフターストーリー1

『光を手にして』
書下ろし。光の道のアフターストーリー2

『不器用男のマーキング』
書下ろし。朝鏡の前でコンシーラーとかファンデ使ってキスマーク消そうと一生懸命頑張るリザを後ろから抱き締め邪魔したあげくキスマーク追加して怒られるマスタングのお話。


sample







「日々恋々No.41 (ロイ×アイ)
オンデマンド/A5/P48/R‐18
2016年2月7日発行

a0146279_20194555.jpg

「……君は料理だけでなく、君自身も美味だな」
「……女にだって、下心はあるんです」

ロイの部屋でハウスキーパーをすることになったリザと悶々とするロイの日常系のお話です。

本文Sample




*******************************************************************


【頒布終了】

「さよならは言わずに」 No.1 
オンデマンド/A5/P52/R‐18/2011年5月4日発行 

「ばかっぷる事件」 No.2 
オンデマンド/A5/P32/R‐18/2011年5月4日発行

「Missing link」 No.3 
オフセット/A5/P80/R‐18/2011年8月12日発行 

「バニーなハニー」 No.4 
オフセット/A5/P36/R‐18/2011年8月12日発行 

「Sleeping Beauty」 No.5 
コピー/A5/P16/R‐18/2011年8月12日発行 

「Pekoe de Parallel」 No.6 
オンデマンド/A5/P56/R‐18/2011年10月23日発行 

「Perfume of love」 No.7 
コピー/A5/P16/R‐18/2011年10月23日発行 

「恋罪抄」 No.8 
FCカバー/文庫/P196/R‐18/2012年1月8日発行 

「An affair」 No.9 
オンデマンド/A5/P40/R‐18/2012年3月18日発行 

「Bitter Bitter Sweet」 No.10 
オンデマンド/A5/P52/R‐18/2012年3月18日発行 

「Dream of Butterfly」 No.11 
オンデマンド/A5/P60/R‐18/2012年5月3日発行 

「光の道」 No.12 
オンデマンド/A5/P68/R‐18/2012年8月11日発行

「君と暮らせば」 No.13 
オンデマンド/A5/P48/R‐18/2012年8月11日発行

「真夏の夜の攻防戦」 No.14 
コピー/A5/P16/R‐18/2012年8月11日発行 

「Cherry」 No.15 
オンデマンド/A5/P100/R‐18/2012年10月7日発行 

「Midnight Rose」 No.16 
オンデマンド/新書/P196/R‐18/2012年12月29日発行 

「Web再録本01」 No.17 
オンデマンド/新書/P242/2013年3月17日発行 

「火蜥蜴を抱いた」 No.18 
オンデマンド/A5/P40/R‐18/2013年3月17日発行 

「シンデレラ・リバティ」 No.19 
オンデマンド/A5/P36/R‐18/2013年3月17日発行 

「Web再録本02」 No.20 
オンデマンド/新書/P248/2013年5月3日発行 

「Web再録本03」 No.21 
オンデマンド/新書/P252/2013年5月3日発行 

「彼女はそれを我慢できない」 No.22 
オンデマンド/A5/P36/R‐18/2013年5月3日発行 

「BAD COMMUNICATION」 No.23 
オンデマンド/A5/P112/R‐18/2013年8月10日発行 

「夜を泳ぐさかな」 No.24 
オンデマンド/A5/P36/R‐18/2013年8月10日発行 

「Dear my sweet home」 No.25 
オンデマンド/A5/P52/R‐18/2013年10月27日発行 

「プラトニックで淫らな愛」 No.26 
オンデマンド/新書/P36/R‐18/2013年10月27日発行 

「ever green」 No.27 
オンデマンド/A5/P52/R‐18/2013年12月29日発行 

「恋のはなし。」 No.28 
オンデマンド/A5/P40/R‐18/2013年12月29日発行 

「幻想マスカレイド No.29 
オンデマンド/A5/P52/R‐18/2013年3月16日発行 

Pretty Venus No.30 
オンデマンド/A5/P36/R‐18/2013年3月16日発行 

「STRAY SHEEP」 No.31 
オンデマンド/A5/P64/R‐18/2014年5月4日発行 

「大佐と中尉のエトセトラ」 No.32  
オンデマンド/A5/P36/R‐18/2014年5月4日発行 

「蒼天の花嫁」 No.33 
オンデマンド/A5/P92/R‐18/2014年10月12日発行 

「meruhen」 No.34 
オンデマンド/A5/P76/R‐18/2014年10月12日発行 

「再録本2011」 No.35 
オンデマンド/A5/P288/R‐18/2015年3月15日発行 

goldenSun silverMoon No.36  
オンデマンド/A5/P56/2015年3月15日発行 

You Are My Destiny No.37
オンデマンド/A5/P60/R‐18/2015年5月3日発行 

「境界線上の黒」 No.38 
オンデマンド/A5/P32/R‐18/2015年5月3日発行 

普通の男と普通の女 No.39 
オンデマンド/A5/P72/R‐18/2015年8月15日発行 

「ファム・ファタルNo.40 
オンデマンド/A5/P76/R‐18 2015年9月20日発行

「ABCNo.42 
オンデマンド/A5/P60/R‐18 2016年5月発行

World is beautiful」No.43 
オンデマンド/A5/P48/R‐18 2016年5月発行


















[PR]
by netzeth | 2011-03-25 21:04 | オフライン

何だか喉が痛いうめこです、こんばんは。・・・風邪でも引いたかな。

今度は水がスーパーの店頭から姿を消しました。人間って分かりやすい生き物だなあ・・・。気持ちは分かりますが、乳児など小さいお子さんがおられる家庭など本当に必要な所に水が行き渡らないのではないかと心配です。買い占めはいけませんね。

停電の度に電車が止まるので毎日スリリングです。家に帰れないのは嫌です~~。電気って本当にありがたい。

久しぶりに更新しました。以前のSSのおまけ的な短いお話です。

更新ないにもかかわらず拍手ありがとうございます。毎日元気をもらっています!!
[PR]
by netzeth | 2011-03-24 21:16 | 日記 | Comments(0)

不器用な恋

「ふう・・・」
広げていたファイルをそのままテーブルの上に置いて、リザは小さく息を吐いた。そのままグンと伸びをする。凝り固まっていた肩の辺りをほぐすと、長時間同じ姿勢でいた疲れがとれていく気がした。
常日頃からワーカーホリックなどと言われているリザといえど、仕事を家に持ち込むのは出来るだけ避けたい事態ではあった。家にいる時くらいゆっくり寛ぎたいと思う。しかし今日はそうも言ってはいられず、提出期限が迫っている報告書の資料を持ち帰って、まとめていた所だった。
最近立て続けに起こった事件を数件リザは担当していた。それに加えてリザにはロイの副官としての仕事もある。普段からサボりがちな上官のおもりをしながらの業務は流石のリザにも手があまったのである。
まったく・・・。
リザは今日も彼女の居ぬ間に執務室を抜け出して、資料室で昼寝をしていた己の上官の顔を思い浮かべた。
その呑気な寝顔を晒す上官の頭に銃口を押しつけて、連行したのは自分だ。リザの怒りを感じとったのかその後のロイは素晴らしい処理能力を発揮し、何とか残業は免れたのだが。
・・・やれば出来るくせに。
いつも真面目に職務に励んでくれれば、今日の様に銃で脅して・・・なんて乱暴な手段もとらずに済むし、リザも仕事を家に持ち込む事もないのだ。
しかし、それもロイなりの処世術だと理解しているリザはその事について強くは言えなかったりする。
サボりがちで副官に尻を叩かれなければ仕事をしない不真面目な男、仕事よりデートを優先する軟派な男――これらはロイが被っている数々の仮面の一つなのだ。ロイの足元をすくおうと考える輩達を油断させるため・・・そして、ロイが上に行くための。
もっとも、リザが仕事を家に持ち帰っている――なんてロイが知ったら、彼はきっとその態度を改めてしまうだろう。リザに負担をかけまいと真面目に仕事をするようになるかもしれない。本当のロイは・・・リザの好きなロイはそういう優しい人間だ。もちろん、その事を良く知っているリザは、言うつもりは無かったが。
ふとテーブルの下に置かれた仕事用のバッグが目に入る。
リザはそのバッグの脇のポケットから一枚の写真を取り出した。
黒髪の若い男がキラキラした衣装を着て、やたらカメラ目線でポーズを決めている。
ジェレミー・ウィバーと書かれたその写真をしばし眺めて。
「何よ、全然似てないじゃない」
リザはその写真を放り出す。写真はテーブルに広げてあったファイルの上に落ちた。
ロイに似ている――という司令部の女の子達の言葉に好奇心がそそられて、つい手を伸ばしてしまったのだが。改めてじっくりと見てみても、やっぱり似ているとはリザには思えなかった。
そりゃあ、サラサラしたストレートの黒髪と切れ長の涼しげな瞳などは多少は共通点があると言っていいかもしれないが。
ロイの瞳の色はもっと深い綺麗な黒だし、体格だって彼はこんなに貧弱じゃない。それに何より彼自身が纏う空気――雰囲気といおうか、それが全然違う。
彼は――ロイはこんなになよなよした空気の持ち主ではない。
写真越しといえどリザにはそれが判って・・・多少どころかだいぶ落胆する。
別にこんな紛い物で自分の心を満足させようとした訳ではない。けれど彼に少しでも似ているなら・・・とその写真に期待していたのも確かだ。
「もう・・・私何やってるのかしら」
ジェレミー・ウィバーのサイン入りブロマイドを見つめながらリザはポツリと呟いた。
素直に好きな彼の写真も持てない不器用な恋。
「今度イーストシティに来るのよね・・・」
見に行ってみようかしら・・・。
声も似ているという話を思い出しながら、リザは1人物思いに耽るのだった。




END
*************************

写真へ
[PR]
by netzeth | 2011-03-24 21:03 | Comments(0)

徐々に。

電気のありがたさが身に染みて分かったうめこです、こんばんは。
今日はうめこの住んでいる地域でも今まで免れてきた計画停電が行われました。街が暗いと月の明かりがとても明るいという事がよく判りました。仕事から帰って暗闇の中ロウソクの火でご飯を食べていたのですが、我が家はブレーカーを落としていたため電気が復活したのに気付かず、5分くらい真っ暗の中もしゃもしゃごはん食べてました。
 
停電は行われていますが、明日にはようやくうめこの地元のローカル路線も運行するらしいです。地震直後にまったく見なくなったパンやラーメンなども見かけるようになりましたし、ガソリンも普通に入れられるようになりました。ようやくうめこの周辺でも徐々に日常が戻りつつあるようです。(もちろん被災地の方々はまだまだ厳しい状況に置かれている事と思います・・・一刻も早い復興を祈っています)

気分が沈んでいてロイアイ妄想もお休みしていたのですが、いつまでもそんな事じゃいけませんよね~。明日からの3連休はロイアイ妄想しまくろうvv まずは無事の開催を信じてスパコミ用の原稿をやろうと思います。サイトの方も何か更新したいです☆
[PR]
by netzeth | 2011-03-18 20:54 | 日記 | Comments(0)

停電。

うめこの住んでいる地域でも計画停電が行われます。ですが今日のところはありませんでした。それなりに備えていたのですが。需要に対して供給が間に合ったらしいです。

電車は終日運休で仕事場へは車で行きました。新幹線で来た人やタクシーを使ってきた人などいて皆いろいろ苦労していました。でも、被災地の皆さん方のご苦労に比べればたいした事ありませんね。

春コミは開催中止だそうですね、残念ですが今の状況では致し方ない事だと思います。
早くイベントができるような平和な状態に戻れるように今は祈るばかりです。
[PR]
by netzeth | 2011-03-14 22:52 | 日記 | Comments(0)

地震。

大変なことになってますね・・・。
今、ようやく帰宅してテレビなどの情報に触れました。
被災地にお住みの皆様、大丈夫でしょうか? 今はただご無事を祈るばかりです。

うめこの住んでいる地域でもだいぶ揺れました。東北からはずいぶん離れているのにこんなに揺れるという事はよほど大きな地震だったのだろうとは思っていましたが・・・。電車も止まってしまい、海沿いの道路は通行止めです。初めて聞きましたよ、大津波警報。山の道を回ってなんとか帰宅できましたが、今日はご帰宅できない方も多いはず。余震もまだまだ来ているし皆さん、不安な夜をお過ごしの事と思います・・・冷静に慌てずに行動して下さいね。
[PR]
by netzeth | 2011-03-11 21:22 | 日記 | Comments(0)

あわあわ。

うちの洗顔フォーム泡立てネットがビリビリで泡立てしずらい。100円ショップで買えるんだからケチらず買えって話ですが、まだ使える! と粘っている。
それにしてもこれっていつ頃からメジャーになったんでしょう? うめこが中学生くらいの時は無かった気が。あの頃は洗顔フォームの使い方を根本的に間違えていて、ビオレを泡立てずにそのまま顔に塗りたくってました。・・・ニキビができまくってヒドい目に合いましたけどね。その後学習して手で泡立てる様になりましたが、手だと時間かかるんですよねー。少しの量でモコモコの泡が出来るネットは画期的思いつきだと思う。

リザさんはなんとなくこういうのにあまりこだわりがなく、ハーブとか入ってる手作り石鹸とか使ってたら良いなってイメージ。節約のために。で、シャンプー代わりに使って頭も石鹸で洗う。
リザさんの香りは人工的な香水ではなく自然系な感じ?

拍手お礼を更新しました。今回の季節設定は早春。はい、今の時期です。
単体でも読めますが一応連作になっております。よろしければポチッとしてみて下さいませ☆
[PR]
by netzeth | 2011-03-09 21:24 | 日記 | Comments(0)

拍手お礼ログ 8

 化粧

開いたと思った次の瞬間、扉は無常にもバタンと音を立てて閉まっていた。私は慌てて彼女の部屋の扉を叩く。
「おい! なんで閉めるんだね!?」
「貴方だったからです!」
「なっ! それはヒドくないかね!なんで私だと閉めるんだ!」
「と、とにかく少しそこで待っていて下さい! 私にだっていろいろ準備というものがあるんです!」
そう言われて待つこと10分。
「お待たせしました」
ようやく顔を見せた彼女は最初に見た時となんら変化は無かった。招かれた部屋の中もいつもと同じくきちんと整理整頓されていて、別に急いで片付けた形跡などはない。
「なあ、君はさっきいろいろ準備があるって言っていたが・・・別に何も変わっていないようだが」
待たされた10分がどうにも納得がいかなくて、私はリザに訊いてみた。
「・・・お気付きになりませんか」
こちらを見つめるリザの顔は何となく不満そうで。私は改めて彼女を上から下まで眺めてみるが・・・。
「え~と、着替えた?」
「違いますっ、・・・もう、いいです」
ぷいと横を向いてしまったリザに私は慌てる。せっかく恋人の家を訪ねたというのに、来た早々機嫌をそこねてしまうのはいただけない。
「ま、待ってくれ。さっき扉の前で私が君を見たのはほんの一瞬の事だ。分からないのは無理もないだろう?」
私の必死の言い分に一応納得してくれたのか、リザはこちらを向いてくれた。
「で? さっきと今と何が違うんだ?」
改めて聞くとリザは少し恥ずかしそうに俯きながら、
「・・・先ほどは、その・・・化粧をしていなかったんです」
「・・・つまり、すっぴんだったって事か?」
「はい」
そう言われて私はリザの顔をマジマジと見つめてみるが、やはり最初に見た時と変化があるように思えなかった。
「・・・君、化粧しても全然変わらないな」
「それは私なんか化粧してもしなくても大差ないという事ですか」
思わずポロリとこぼれた言葉にリザが固い声を出す。再び彼女の機嫌が斜めに傾きかけているのを感じとった私は自分の失言を後悔するが、もう遅い。
「ええ、ええ、どうせ私なんてお化粧したって変化ありませんよ」
「違うっ、そうじゃなくて、君は素顔でも十分美しいって意味で・・・」
「やっぱり化粧しても同じって事でしょう?・・・誰のためにこんな面倒な事してると・・・もう、知りません!」
「なあ、おいっ、リザあ~~」
その日、彼女が機嫌をなおしてくれるまで、私が待たされた10分より長くかかったのは言うまでもない。


 錬金術バカ

朝から本を片手にヒトの家にやってきた彼は、私が何を言っても「あー」とか「うー」とか生返事。
古本屋を何軒もはしごしてようやく見つけたとか言う錬金術書に夢中で、お気に入りのソファーを陣取って黙々と読書を続けている。
まったく、本を読むだけなら自分の家ですれば良いのに。何しに来たんだか。
最初のうちは私も掃除や洗濯なんかで忙しくて、そんな彼を放っておいたのだけど、すべき事を全て済ませてしまうと、何だか手持ちぶさたになってしまった。
だから、お茶なんて用意してしまって、ついでにお茶菓子まで付けて。彼の前に置いてみたけど、大佐は無反応。試しにお茶が入りましたと言ってみるけど、「ああ」とやっぱり生返事が返ってくるだけで。
仕方ないので私は彼の隣りに座って1人でお茶を啜る。
いつもとなんら変わらない休日の過ごし方であるはずなのに、どうしてかスゴくつまらない。
・・・分かっている、きっと私は大佐に構って欲しいのだ。
普段大佐にくっついて来られると、うっとおしいだの暑苦しいだの言っている私が、いざ自分のこととなるとこんな風に思うなんてどうかしてるわ。
でも、錬金術に夢中になっている彼の真剣な顔も嫌いじゃないのよね。
そんな事言ったら調子に乗るから、絶対に言ってやらないけど。
しばらく大佐の横顔を眺めていたら彼は急にパタンと本を閉じて、
「そんなに私の顔が好きかね」
にやりと笑う。
その意地悪そうな顔! ほらね、やっぱり調子に乗るんだから!


 釣り

「なあ、リザ・・・」
私は先ほどからそっぽを向いたままの愛しの恋人に話かける。
相変わらず彼女はつーんとして私と口をきいてくれないどころか、顔を合わせてくれようともしない。
私はふうっとため息をつくが、仕方がない。元を正せば私の自業自得。彼女がこうなった原因は私にあるのだ。
休日を利用して彼女の部屋を訪れた私は、探し回って遂に見つけた錬金術書をどうしても読みたくて、彼女を長時間放置という、恋人としてあるまじき事をしでかしてしまったのである。
・・・本なら自分の家で読めば良いって? まったくその通りだが、彼女がいると落ち着くんだよ。会話がなくたって、側にいてくれるだけで安らげるんだ。
だが、彼女はそうは思ってくれなかったようで。
無理もない・・・せっかく2人きりなのに、恋人が自分より本に夢中だなんて怒って当たり前だよな。
それでも彼女は怒りもせず、根気よく私の側にいてくれたのだが。
・・・それをからかってしまったのが1番まずかった。だってなあ?あんまり私の事をジイッと見てるから可愛くてつい・・・。
結果、彼女は本格的にヘソを曲げてしまったのだ。
慌てた私は今さらながら彼女のご機嫌とりをしているのである。が、状況は芳しくない。ここはそろそろ奥の手を使うしかないか・・・。
「なあ、リザ。そろそろ機嫌を直してくれないか?・・・君の好きなシャロンのショートケーキを買ってくるから」
「・・・・・」
リザは無言だったが、彼女の肩の辺りがピクリと反応したのを私は見逃さなかった。
「もちろん南部産苺使用のスペシャルショートだよ? あれは直ぐに売り切れてしまう人気のケーキだが、何、私はシャロンには顔がきくんだ。電話を一本入れておけば必ず手に入る」
ピクピクっ。
更に彼女が反応する。よし、後ひと押しか。
「今だったら期間限定でチョコクリームVer.も出ているんだよな~」
「ワンホール・・・」
「え?」
「もちろんワンホールですよね?」
「・・・もちろんだとも」
私が大きく頷くと、くるりとこちらを向いたリザはようやく笑顔を見せてくれた。

さて、一時間後。私の買ってきたケーキを食べて、ようやく彼女の機嫌は上向きになったのである。
「良いですか、大佐。いつもいつも食べ物で釣れると思ったら大間違いですからね」
「・・・口に生クリームを付けて言われても説得力ないんだが・・・」




*************************
[PR]
by netzeth | 2011-03-09 21:06 | Comments(2)

三月は去るらしいよ。

気がつけば前の日記から一週間経ってしまいました。そして、いつの間にか三月・・・。昔から三月ってあまり好きじゃないです。まだまだ寒いし、節目の月だからなんかバタバタするし、何より誕生日月だし(笑)

原稿でパソコンやり過ぎたせいか左肩が痛くて先週はろくにパソコンを触れませんでした。困ったなあ・・・。もう肩凝りってレベルじゃなくて、完璧に炎症起している感じ。姿勢が悪いのがいけないのかと背筋を伸ばしてパソコンやったら慣れない事したせいで、気持ち悪くなった(笑)
とりあえずオフライン情報とかコンテンツを作って載せたかったのですが、パソコン作業が出来ず断念。肩の具合が良くなるまでダメだなあ。
この日記もケータイで書いてコピペしてます。

肩を犠牲にして仕上げた原稿の方はもうほとんど完成しています。後はCDに焼いて入稿するだけ・・・のはず。ですが、パソコン素人のうめこはパソコンのデータを外部メディアに保存ってやった事ないのです。ちゃんと出来るだろーか?そしてちゃんと出来たかってどうやって確かめれば良いんだ?CDを一回読み込んで見てちゃんと入ってたらOKって事だろーか。
ちなみに表紙込みで52ページの本になる予定です。

そして、まだまだ締切りには余裕があるので2冊目を・・・とか無謀な事を考えてます。ある程度プロットが出来ていた1冊目に比べて全然内容が固まってないのでこちらは発行出来るか微妙。
本が1冊だけっていうのも寂しいので頑張りたいところなんですが。印刷所の締切りに間に合わない様ならコピー本でも良いし・・・などと考えています。ただコピーにするには問題が。うちのプリンターちゃんの調子がいまいちな事ですね。インクジェットだから遅いし。で、モノクロレーザープリンターが欲しい今日この頃。職場にあるんですけど、とにかく早いですよね。そして多分一枚一枚のコストはインクジェットより安いと思う。
調べてみたら1万円台で買えるようなのでセカンドプリンターとして買ってしまおうかなと考えてます。

まあその前に元を書けって話ですが(笑)
だのに、土日はずっと『ガラスの仮面』を読んでいて何にもしていないという・・・だって中毒性がありますよ、あれ。

「私が大総統になった暁には・・・女子の軍服をミニスカートにする!」
「ロイ・・・恐ろしい子!!」

↑とこんな風にこのガラカメの台詞ってなんにでも使えますよね(笑)
[PR]
by netzeth | 2011-03-07 21:00 | 日記 | Comments(0)