うめ屋


ロイアイメインのテキストサイト 
by netzeth
プロフィールを見る
画像一覧

バレンタイン・キス

「ロイ・マスタングの大馬鹿野郎!」
リボンを取り、ビリビリと綺麗に包装された紙を破り、箱を開けると、中にはチョコレート。その幾つかを掴み口の中に放り込む。咀嚼すると口の中に広がるのは、食べる者の好みに合わせた少しほろ苦い甘さ……。
本当にバカみたいだ。その甘さを噛み締めてリザはもぬけの殻の椅子を見つめた。口車に乗せられて、馬鹿正直に作ってきて、結果はこれ。
ツキンと胸の奥が痛んだ。怒り以上に込み上げてきた別の感情を振り払う様にリザは目を瞑った。


今日は二月十四日。バレンタインデーと呼ばれる日だ。女性が好意を寄せる男性にチョコレートを贈る日――である。しかし、昔からアメストリスにあった行事ではない。ごく最近に流行し出した新しい行事だ。何年か前にセントラルの菓子屋が始めたらしいが、今ではすっかりここイーストシティでも定着した。毎年この日になるとロイ・マスタング大佐などは街の女性やら、軍部の女性やらから大量のチョコを貰っている。
事の始まりはそのロイ・マスタング大佐がリザに手作りチョコを強請った事である。
「大佐は毎年たくさんのご婦人方から、チョコレートを頂いているじゃありませんか。今さら何を言うんです」
「分かってないな。私は君のチョコが欲しいんだ」
「それだって、毎年渡しているでしょう」
「確かに。だが、私は君の手作りチョコが食べたいんだ。君の愛情がたっぷり詰まった……ね」
「!……何を……」
「なあ……好きな女性の手作りチョコを食べたいと思うのはそんなにわがままか?」
真剣な口調に熱い瞳で見つめられて。そんな事言われたらもう、作るしかないではないか。
こうして、ロイに手作りチョコを作る事を約束したリザだが、これが思ったより大変だった。
バレンタイン前に休みなどないため、リザは毎日夜、退勤後にチョコレートを作っていた。ぶっつけ本番で作って失敗しないための練習である。
何度か試作して納得するものを作り上げるまでが一苦労だった。『手作りで彼のハートをがっちりキャッチ☆』という帯のついた本まで買ってしまったほどだ。せっかくロイに贈るのだから美味しいと喜んで貰いたい――そんな思いもあったのだろう。結局なんだかんだ言ってもリザはロイには甘いのである。
そうして、リザはバレンタイン当日に手作りチョコレートを司令部に持参した。すぐにロイに渡しても良かったが、あいにく朝から忙しく、ズルズルと渡しそびれて夕刻。ようやく仕事が落ち着いた頃合を見計らって、リザはロイにチョコレートを渡そうと彼を探したが、彼は見つからない。まさかもう、帰ってしまったのか? 自分との約束を忘れて? 不安を抱きながらロイを探していると、ハボックに会った。後ろから彼に声をかける。
「大佐を知らない?」
「大佐ならデートッス。バレンタインッスからね~。良いよなあ~モテる男は……って中尉!?」
話しかけられたのがリザだと気付き、ハボックは慌てるが、既に時遅し。
リザは無言で歩き去った後だった。


ビリビリに包装紙を破いて、ロイのために作ったチョコを自ら食べながら、リザは思い付く限りの悪口を並べたてていた。
「馬鹿、無能、女たらし……無能~~!」
結局、ロイにとってリザのチョコレートなどそんな程度の物だったのか……デートの方が大事なのか……。
考えれば考えるほど空しくなって、リザは自らの手作りチョコを見る。最後の一つを手に取って。
「バカ……」
口に入れた瞬間。
「誰がバカなんだ?」
突然聞こえた声に、驚いて振り返ると悪口を言われていた張本人が立っていた。
「大佐……」
「遅くなって、すまない。君が帰ってしまったらどうしようかと思っていたんだが」
「……デートはどうしたんです?」
「デート?」
「ハボック少尉が……」
「あいつめ……。君に内緒にしたかったから、デートだと言って出たんだが」
デートと言っておけば君には言わないと踏んだんだ。もちろん本当にデートに行った訳ではないぞ! と主張するロイにリザは問う。
「じゃあ、どこに行かれてたんです?」
「あ、ああ……これを」
そう言ってロイが差し出したのは小さな小箱。白い包装紙に深いグリーンに金の縁取りのついたリボンがかかっていた。促されるままに、箱を開けて見ると。
「綺麗……」
中には薄紫に輝くアメジストのピアスが一組入っていた。
「これを私に?」
「ああ、君が手作りチョコをくれるというのに、貰うばかりじゃ申し訳ないだろう。等価交換だ。……これを取りに行っていたんだ」
急いで用意したからギリギリになってしまった。本当に遅くなってすまない。
そう、謝るロイにリザは俯いて首を振る。
「いいえ、とっても嬉しいです……ありがとうございます、大佐……でも……」
「でも?」
「私……その……ごめんなさい! 大佐のチョコを全部食べてしまいました!」
「え?」
「私……てっきり……大佐がデートに行かれたものと……それで……」
「……無いのか? チョコ?」
「……はい」
「それは……ヒドいな」
あからさまにがっかりするロイに、リザは申し訳なさでいたたまれなくなった。ロイは自分にプレゼントまで用意してくれたというのに……。
「一つも残ってないのか?」
「はい……たった今最後の一つを……食べてしまって……」
「……なら、間に合うかな」
「え?」
言うやいなや、グイッと腕を引かれた。
「……っんう」
唇が重ねられる。反射的に身を引こうとすると、させまいとロイの腕が腰に絡み付いた。
「んん……!」
更に口腔内に舌が侵入してきて、好き勝手に動き回る。
肩を叩いて抵抗するが、ロイはびくともしない。やがてその手が力を失いロイの背に回された頃、ようやく満足したのかロイが体を離した。リザの身体からはすっかり力は抜け、くったりとロイに身を預けてしまう。
「ごちそうさま……甘いな、チョコ」
ぺろりと舌で自分の唇を舐めて、ロイは呟く。
「何をなさるんです!」
一方、真っ赤になったリザはロイを睨みつけた。
「何って……等価交換だろう?」
まあ、君の唇の代価にピアスでは足りないかもしれないな。そんな事を言ってニヤリと笑う。
「もう! 知りません!」
なおもクスクス笑い続けるロイに、もう二度と手作りチョコなんて作ってやるものかと思うリザだった。


END

************************
[PR]
# by netzeth | 2010-02-12 21:43 | Comments(0)